中学受験対策で取り組みたい算数の勉強法!

私自身が中学受験をし中学高校の一貫校に通った経験があり、それがその後の進路にいかに影響を及ぼすかを身をもって感じたので、娘にもレベルの高い学校に通ってほしいと常に思っていました。しかしそればかりは本人が決めることなので無理強いはしませんでしたが、小学校高学年になり中学への進学が見えてきたころ、娘から中学受験をしたいとの相談を受けました。もちろん大賛成でそこからは親子二人三脚怒涛の日々でした。学校での成績もそこそこ良かったのですが、算数に限っては点数にばらつきがあり、本人も苦手意識が強い教科でした。算数のテスト結果をよくよく見てみると、計算問題が苦手なようでした。そこを克服するためにはどうするのがいいか、私自身割と勉強は出来た方で理系の有名国立大卒という自信もあり、勉強法には確信をもっておりました。まずとりかかったのが、文章問題をしっかり読み、何を求められているのかを下線をひきながら時間がかかってもしっかりと確実に理解することを徹底しました。それから公式をあてはめ計算していくことです。この練習をひたすらやり続け、時間もだらだらやるのではなく1時間なら1時間と決めて集中して数をこなしていきました。

すると徐々にではありましたが文章問題を効率よく解けるようになり、自然と点数も上がっていきました。苦手教科の算数を克服したことで中学受験では慌てることもなく、希望校に進むことができました。